HOME > ブログ > 9ページ目

ブログ 9ページ目

クローバー治療室Instagramを始めました!

八潮市の動物病院 ペットクリニッククローバー院長です。

最近は皮膚病、中医学(漢方)、レーザー治療などに注目し治療を行っています。

少しずつですが良い結果を出せ、飼い主様とも喜びを分かち合えています。

その結果を皆様にも見ていただきたく、「クローバー治療室」を始めました。

お時間がありましたら、覗いてみてください。

そして気になることや、お尋ねになりたいことがございましたらお問合せ下さい。
(インスタ内のDMやコメント欄からのお問い合わせはお控えください、すみません。。。見落としてしまう可能性があるので)

Image-1 (1).jpg

マイクロチップの登録について

ペットクリニッククローバー、よつば犬のようちえんの大原です

5月に入り、ぐっと暖かい日が増えてきましたねsunまだまだお天気が悪くなると一気に冷え込むこともありますので、人もペットさん達も寒暖差で体調等崩さないように気を付けて過ごしましょうrock

さて、いよいよ令和4年6/1からブリーダーやペットショップ等で販売される犬や猫について販売、譲渡前にマイクロチップを装着することが義務化されます。といってもすでにマイクロチップを装着している子やこれから飼う予定の子、実際にどうしたらいいのか等なかなか分かりずらいですよねsweat01

ちなみにマイクロチップとは人の小指の爪ほどの小さな電子器具で、専用の機械で読み取ると15桁の識別番号が表示されますpencil
これで登録された情報と合わせてそれぞれの子を識別しますeye
 
では実際にマイクロチップの装着が義務化すると・・・
まず6/1以降で購入したワンちゃんやネコちゃんにはマイクロチップが装着されていますので、飼い主情報を飼い主様に変更するようになりますdog
登録の変更が完了すると登録証明書が交付されます。

現在飼われている方についてはマイクロチップの装着は義務ではありません・・・がもしも自分の飼っている子が迷子になった時や、災害、事故などで離ればなれになってしまった時にマイクロチップの情報から飼い主様が見つかる事もとても多いですconfident

現在マイクロチップを装着している子達は Fam/ジャパンケンネルクラブ/日本マイクロチップ普及協会/日本獣医師会等の民間の団体に登録されているのですが義務化に伴い環境省の方でデータベースへの登録が始まっていますsign01登録は無料でデータベースに登録するためのwebサイトも公開されていますshineご自身のスマートフォンやパソコンからオンラインで申請が可能ですmobilephone6月からは手数料がかかりますので、是非5月中にご登録をおススメしますhappy01
image0 (37).jpg
大切な家族であるペット達の安全にもつながりますので、マイクロチップの装着・登録をこれを機会に一度お家でもお話ししてみて下さいcat
当院でもマイクロチップの装着等承っていますので、お気軽にご相談くださいnotes

コロナウイルス感染予防の為、引き続き完全予約制になっております。
診察のご予約はインターネットでのご予約も承っていますので、ホームページをご確認ください。

当院にご来院の際は、マスクの着用・消毒等感染の予防対策へのご協力をよろしくお願いいたします

ご予約・お問合せは→telephone048-998-5656


寒暖差によるストレス


ペットクリニッククローバー、獣医師の宮良です。


最近は、暖かい日や、雨でジトっとした日、もしくは体が縮こまるような急な冷えの日もあり、

服装が難しくなったり、お家でも冷暖房を切り替えたりされる方もいらっしゃるのではないでしょうか。


人間でさえ、体調管理が大変なこの季節の変わり目、私たちの何十倍以上も小さな小さな体をしたご家族は、

普段と同じく食欲元気はありますか?bud


春~夏にかけては、人の動きが活発になってくるだけではなく、五臓六腑の働きも変わりやすく、様々な影響が出てくる時期です。


普段診察させて頂いている中で、最近多いなぁと感じるのは特に消化器系の疾患です。


ちょっとした軟便が数日続いていたが様子をみていたらどんどん水の様な便になってきた。食欲もなんだかおかしい気がする。。。


一概に軟便・下痢・嘔吐の症状が気温や気候の変化からくるものではもちろんありませんが、


体の抵抗力が特に落ちやすいこの時期、そういった症状を甘く見てはいけませんdanger


一度弱った胃腸などの消化器を回復させるにはある程度時間が必要です(お薬で下痢が止まったから病院に行かなくていいや、ではないのですwobbly)。


たしかに、整腸剤や止瀉剤も治療には大事なお薬で、処方させて頂く事は多くの場合であります。


ただ、心配なのはそういった症状を繰り返しやすい子。
胃腸におけるバリア機能や血流、機能的なものなど様々な所が弱ってしまっている可能性があります。


そのような何かの症状を慢性的に持っている子には、漢方治療の併用をおすすめさせて頂く事が多いです。


漢方と聞くと効くまでに時間がかかる、というイメージがあると思いますが、


私達よりもずっと小さな体をもつ動物達の漢方への反応は、思っているよりは早く、かつじんわりと体が整って来ます。


お家のペットちゃん達の健康における漢方を用いた生活の質の向上、とても好評を頂いております。


消化器系以外での、高齢の子における痴呆やその他の慢性疾患においての処方もしておりますので、まずはお気軽にご相談下さいclover


supi.jpg


只今完全予約制とさせて頂いております。
048-998-5656
ペットクリニッククローバー

駆虫薬の時期です!!

ペットクリニッククローバーの斎藤です。
 
きれいに咲いていた桜も散り始め、何だか少し寂しい時期ですね。
 
ですが、わんちゃんねこちゃん達にとっては忙しい時期がやってきました!!
 
そう!毎年恒例のフィラリア・ノミ・ダニ駆虫の時期ですね。
 
駆虫薬は大きく分けて3タイプあります。
 
  • 食べるタイプ(主にわんちゃん用)月1投与。ノミ・ダニは製品により3か月に1回。
 
  • 滴下タイプ(わんちゃん・ねこちゃん用)月1滴下。
 
  • 注射(わんちゃん・フィラリア駆虫のみ)年1回注射。
 
上記の3つに分けられていますのでその子それぞれに適しているものを選んであげて下さいflair
 
  • 食べるタイプ:錠剤とチュアブルがあるので何でも気にせず食べる子やおやつ大好き!な子はオススメです(^^)
※アレルギーのある子は種類によって食べることのできないものもあるので要注意です。

 
  • 滴下タイプ:スポットタイプとも言い、肩甲骨の間に液体を滴下するので食の細い子やおやつを全く食べない子はこちらのタイプがオススメです。
※皮膚に直接垂らすので皮膚の弱い子には注意が必要です。

 
  • 注射タイプ:通年予防効果があるので飲ませ忘れの心配がありません。
※フィラリアに対してしか効果がありませんのでノミ・ダニ駆虫は別途行ってください。
 
 
当院では様々な種類の駆虫薬を取り揃えておりますので、その子に合った製品をお選び下さい。
 
初めての駆虫・今までのものが合わなかった等ご不明なことがありましたら是非お気軽にお声かけください(^^)


当院は完全予約制です。
 
予約はお電話でもインターネットでも受け付けております。
 
初診の方はお電話のみの受付です。(初診問診表が当ホームページ上、診療案内のページに
ございますのでそちらをご記入の上ご持参頂けますと幸いです。
無くても問題ありません。)
 
TEL:048-998-5656
 


春の健康診断・フィラリア検査始まります!

埼玉県八潮市/草加エ/三郷エリアの動物病院、ペットクリニッククローバー、よつば犬のようちえんの大原です。

春らしい暖かい日が増えてきましたねsun病院の近くの桜もずいぶん花をつけて、もうそろそろ見頃ですcherryblossom
この時期は日中と夜・朝でだいぶ寒暖差がありますので、人もペットさんも風邪や体調不良に気を付けてしっかり防寒対策や予防をしていきましょうsign01
引き続きコロナウイルス感染対策のご協力もよろしくお願いいたしますconfident


さて、今年もワンちゃんの春の健康診断&フィラリア検査の時期となりましたdog
春の健康診断は血液の検査と身体検査になりますhospital

どちらも採血が必要になるので、一緒に行う事でワンちゃんの採血の負担を一回に減らし価格も通常より大分お得になりますshine
是非この機会に愛犬の体のチェックや予防をお勧めしますhappy01

期間は4/1~6/30までとなっておりますclover



春の健康診断・・・血液検査・身体検査(触診・聴診等)
           キャンペーン価格7350 → ファミリーメンバー価格¥6550


春の健康診断+フィラリア検査・・・キャンペーン価格¥8500 → ファミリーメンバー価格¥7500


 レントゲン・エコー検査等オプションもございますので、お気軽にご相談くださいnotes
 健康診断を受けられる際は8時間以上の絶食をお願いしています。ご予約の際はご注意ください。


コロナウイルス感染予防の為、引き続き完全予約制になっております。
健康診断・診察のご予約はインターネットでのご予約も承っていますので、ホームページをご確認ください。

当院にご来院の際は、マスクの着用・消毒等感染の予防対策へのご協力をよろしくお願いいたします

ご予約・お問合せは→telephone048-998-5656


3月のパピークラスの様子

ペットクリニッククローバー、よつば犬のようちえんの石崎です。

最近の天気は日中暖かくお散歩が気持ちいい季節になりましたねsun
ちらほらと桜も咲き始めいよいよ春本番cuteですが朝晩はまだまだ冷え込むので体調崩さないようにしないとですね!


さて先日、しつけ教室でかわいい女の子がカウンセリング+1日体験とパピークラスに参加してくださったのでその様子をお見せしますconfident

参加してくれたのは、ポメラニアンとペキニーズのMIXのななちゃん 三か月の女の子です。 

人の社会化では変装した人からご飯をもらいます。

IMG_4525.jpg

怖がらずにフードを食べれていたななちゃんsign01
IMG_4529.jpg

散歩の練習やアイコンタクトの練習中ですeye
IMG_4539.jpg

誤食防止や引っ張り防止のためにアイコンタクトは必須です!!
IMG_4941.jpg

抱っこの練習や何処を触られても平気なように慣らしていく練習中paper
IMG_4533.jpg

他にも物や環境の社会化やオイデの練習などやりました。
お父さん、お母さんと一緒に参加できてななちゃんも嬉しそうに参加してくれましたhappy02
ご参加くださりありがとうございましたshine
マンツーマンで飼い主様と一緒に学べるパピークラスでは、事前にお悩みなどをお聞きして、その子に合わせたしつけのお話しをしています。
ご参加希望の方は是非当院までお問合せください!

当院では引き続きコロナウイルス感染予防の為、完全予約制になっております。
予約されている患者様以外の入室はお断りしています。
入室される前は必ずマスク着用、手の消毒のご協力をお願いします。
1家族2名様のみ入室可能となっております。


ご予約はインターネットでのご予約も承っていますので、ホームページをご確認ください。
トリミング、しつけ教室への​お問い合わせはお電話でお願いいたします。
ご予約・お問合せは→telephone048-998-5656


ご協力宜しくお願い致します









ワンちゃんの花粉症


ペットクリニッククローバーの坂本です。

3月に入りだんだん暖かい日が増えつつあるなか、朝方や日が暮れた頃はまだ寒い
事の方が多いので最近私は服装に悩むことが多いですdespair


この季節になると皆さんも何を着ようか迷いますよね?
服装に悩まない、一日中暖かい日が来るのが待ち遠しいです。happy01


コロナウイルスもまだまだ増えているのでマスク・手洗い・うがいなどの予防を
しっかりして元気に過ごしましょう!


さて、今回は花粉症についてです。

初めて知る方もいるかもしれませんが、花粉症は人だけじゃないんです!
ワンちゃんにもアレルギーがあり、その一つとして花粉によるアレルギー(花粉症)が
あると言われています。


犬の花粉症は人と同じ症状なのか
〇人の症状
 ➡・鼻水
  ・くしゃみ
  ・鼻づまり
  ・目のかゆみや異物感

〇犬の症状
 ➡犬の花粉症は、くしゃみや鼻水(アレルギー性鼻炎)涙や目のかゆみ(アレルギー性結膜炎)などの
  症状もでることがありますが、皮膚や耳の発疹・かゆみ(アレルギー性皮膚炎)として出ることが
  最も多いです。

お家のワンちゃんが花粉症かどうか判断するためには、日常生活や体を注意深く見ておくことがポイントですsign01

下に書いたような症状が出ていたら、花粉症の可能性があります
・皮膚(指先や指の間、耳、目や口周り)などに赤みや発疹ができている

・季節によって症状が出たり出なかったりする(主に冬に症状が落ち着く)

・体や顔をよく掻く

・耳が臭ったり、かゆがったりする

・涙や目ヤニがいつもより多く、繰り返しくしゃみや鼻水がでる

花粉症対策はなにをすればいいの?
①花粉の多い日・時間帯のお散歩は避けるtyphoon
 ➡最高気温が高い日や湿度が低い日、風が強く吹いている時や雨が降った翌日の晴れの日のお散歩は
  できるだけ控えた方がいいです。

②お散歩の際にはできるだけ草むらを避けるclover
 ➡ワンちゃんの花粉症の原因となる植物は公園や空き地などの草むらに生えています。なので、できるだけ
  避けましょう。

③お散歩から帰ったら体や手足を拭くdog
 ➡軽く濡らしたタオルやウェットティッシュなどで拭くことで、外で付いた花粉を払い落しましょう。
  ブッシングなども効果的です!

④いつもよりシャンプーの回数を増やす
 ➡普段よりこまめにシャンプー・リンスをすることも効果的です。花粉が付着しているので念入りに
  洗うようにしましょう!

このように自宅でもできる対策は沢山あるので、ぜひお家でもやってみてくださいsign03


当院は引き続き完全予約制です
telephone048-998-5656

新商品入荷しました

ペットクリニッククローバーの斎藤です。

3月に入り、暖かく心地の良い日が増えてきて嬉しく思っていますconfident

夕方になっても日が落ちるのが遅くなり、日に日に春が近づいてきていますねcherryblossom

さて、当院の入り口付近に陳列しておりますグッズの新商品が入荷しましたshine

まずは・・・お箸とスプーンです!

20220308155117-54e7a4c1e94f45746e3c8d9a4dc5b2ea1392300d.jpg

さりげない肉球のデザインと、お箸の上に柴犬が座っているなんともかわいいデザインのお箸です

スプーンは3種類で猫ちゃんの顔型のスプーン2種類と、肉球の型のスプーンです

毎日のお食事の時に”かわいいheart”はいかがですか?


お次はマスキングテープです!

20220308155214-b30fd15d5841e6fb7ad7b382922c79f8267faf31.jpg

現在置いてある在庫は7種類です。

catエキゾチックショートヘア

catマンチカン

catスコティッシュフォールド

cat三毛猫

dogミニチュアダックスフンド

dogトイプードル

dogビーグル

の7種類です。絵柄がとってもかわいいので、ちょっとしたワンポイントにもなるので貼ってあるとかわいいですねhappy01



これらの商品の売り上げは飼い主のいない猫ちゃん達への寄付にもなりますcat

他にも陳列している商品は多くございますので、ご来院の際是非手に取ってみて下さい(^^♪



当院は完全予約制です。

TEL:048-998-5656
インターネットでのご予約も受け付けております。


不妊・去勢手術に関わるお話


ペットクリニッククローバー、獣医師の宮良です。


今年も3月に入り、しだいに桜のシーズンも近づいて来ましたねcherryblossom


夜はまだ冷える日がありますので、人の方もペットちゃん達も身体を冷やさないようにお気をつけ下さいね。


猫ちゃんの健康診断キャンペーンは今月末までで、通常時より、かなりお得に受診出来るチャンスとなってます。


この機会にぜひ、お家の猫ちゃんの健康チェックをされてみては、如何でしょうか?shine


image_55415491.jpg




今回は、お家にお迎えしたわんちゃん・ねこちゃんの予防の1つ、不妊手術・去勢手術についてお話させて頂きたいと思います。


不妊手術および去勢手術は、加齢に伴って卵巣や精巣からのホルモン分泌の継続による影響により、乳腺腫瘍や精巣癌、前立腺の肥大による排泄困難等を引き起こすリスクを大幅に軽減するというメリットがあります。


当院では、手術前に 術前の血液検査及び、ワンちゃんに関しましては手術当日を想定としたお試しのお預かりを実施しております。


去勢手術・不妊手術をとにかくコストを抑えつつ、早く終わらせたいと思われる方も少なくないと思いますが、


ワンちゃん、ネコちゃんにとって一生に一回の生まれてはじめて受ける手術となります。


人(犬猫)生において、とてもとても大きなイベントです。


もし、自身が動物だったとして、初めて行く病院で最初に検査もされず、麻酔をかけられた後に血液検査をし、


何か異変がみつかる前に手術が進行してしまうと想像すると、不安になりませんか?sweat02私は無理です^^;




ワンちゃんの場合特に、知らない環境になじむまで物凄く興奮してしまう子が多く、


手術における麻酔をかける際に、緊張からアドレナリン等のホルモン分泌から心拍や呼吸数に大きく影響が出てしまう場合があります。


病院としても、その子その子の内臓が正常に機能して薬(麻酔)の代謝が上手く出来るのか、身体のどこかに炎症があったり、免疫力が弱く手術に耐えられるのか、など術前に調べさせてもらう事で、手術を行える子なのかの判断、また可能な場合にも安全に麻酔管理・手術の実施が出来ます。


不妊手術・去勢手術は、大切な家族の一生に一回の大きな予防です。


ひとりひとり、安全に手術を受けて頂くためにも、今回のお話を読んで頂けると幸いです。




ペットクリニッククローバー
☎048-998-5656

予防の大切さ

ペットクリニッククローバー院長の藤井です。

今日は日中18度と春のような陽気になっています。

花粉の時期ですねcoldsweats01私は目がかゆくなったり鼻水がすごいというよりも、咳が出て、頭が痛くなります。

診察中の私の咳は「花粉症です」のでご安心ください。

さて、改めてワンちゃん、猫ちゃんの病気に対する予防の重要さについて改めてお話ししようと思います。

基本の予防は

☆混合ワクチン(3種から10種混合ワクチンと種類があります。)

☆狂犬病ワクチン(国の狂犬病予防法により義務図けられているワクチンです。)

☆フィラリア(細長いそうめんのような虫が心臓に寄生します。犬の予防率は上がってきましたが、
       最近では猫ちゃんにも寄生することが増えました。)

☆ノミ予防(動物に大量寄生すると貧血を起こすこともあります。瓜実条虫を媒介します。人間もノミに刺されます。
       猫ひっかき病なと病気を媒介します。)

☆ダニ予防(貧血を起こす原虫を媒介します。SFTSという人も死亡例のある病気を持っています。)

☆不妊手術(男の子はマーキングの予防、睾丸の腫瘍、前立腺の病気、会陰ヘルニア、肛門周囲選手などの病気の予防になります。
      女の子は、ヒートがなくなることでストレスがなくなる、子宮蓄膿症、乳腺腫瘍の病気の予防ができる。)

☆心のワクチン(生後2か月~4ヶ月くらいまでが動物にとっての大事な社会化期になります。この時期に色々な経験をさせることが動物たちの一生を左右します。
        しつけ教室やパピーパーティ当院ではキティパーティ等も予定していますので積極的に参加しましょう。)

この7項目が大事になります。

それに加えて大事なことが食事です。
最近ではいろいろな種類のフードが出てきて迷いますよね?
栄養をしっかり取るにはまた取り過ぎていないか?などを考えて病気の予防をしていきます。


これから1つ1つを詳しくお話していこうと思いますhappy01

もし気になることがございましたら、病院にお問合せ下さい。











<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ