HOME > ブログ > よつば新聞 > わんちゃん・猫ちゃんの熱中症対策出来てますか?

ブログ

< 愛猫の血液型検査してみました(=^・^=)  |  一覧へ戻る  |  お耳の中を見てますか? >

わんちゃん・猫ちゃんの熱中症対策出来てますか?


埼玉県八潮市/草加/三郷エリアの動物病院、ペットクリニッククローバーの吉田です。

梅雨の時期になり、じめじめした空気と強い雨が降り先日は熱海の方でも
災害が起きたとニュースで拝見しました・・・
大雨の日は特に注意して行動するように心がけましょう!

さて話は変わりますが、今月からまたクローバー新聞が変わりました!
今回のテーマは『熱中症』について書かせていただきました。
熱中症は、私たち人間だけではなく大事な家族でもあるワンちゃんやネコちゃんにも
起こる可能性があります><
今年も暑くなるとのことでしたので、頭の隅に入れていただき自分が出来ることから
始めてあげましょう^^新聞の内容を少し紹介しますscissors


〇お散歩の時間はいつもよりも早めの涼しい時間帯にいくこと。

さらに細かく言うと、ワンちゃんは人間よりもアスファルトの熱が直に体に当たるので
肉球など火傷する可能性もあります。
必ず、アスファルトを触ってみて熱くないかなどチェックすることをおススメします。


〇お部屋の温度に注意!

夏は特に部屋に熱がこもりやすく部屋が暑くなることがあります。
出かける時は扇風機だけではなくクーラーをつけて涼しくしてあげましょう。
人が肌寒いと思うくらいがワンちゃんにはちょうどいいようです。
心臓が悪い子などは特に注意してあげましょう!

★熱中症になると出る症状は?

元気がない、食欲不振、いつもよりも呼吸が荒い、大量のよだれが出ているなど

いつもと違う様子であれば一度病院に相談することをお勧めします。

また、標準よりも体重がある子は、太っているのが原因で呼吸がしづらくなる
傾向がるので気を付けてあげて下さいsweat01
そのほかにもいろいろとありますがまずは上記の事を気を付けるだけでも
意識が少し変わるかなと思ったので紹介しました!

詳しくはクローバー新聞50号をご覧くださいね^^


ペットクリニッククローバー☎048-998-5656

カテゴリ:

< 愛猫の血液型検査してみました(=^・^=)  |  一覧へ戻る  |  お耳の中を見てますか? >

同じカテゴリの記事

ノミ・マダニ・フィラリア予防は継続することが大切です!

埼ペットクリニッククローバーのトリマー兼看護師の坂本です。


まだ暖かい日もありますが、季節は秋になりましたねsign01


これから気温も低くなり肌寒い日が増えてくると思いますが、体調にはお気をつけ下さいhappy01


さて、寒くなってきてもノミ・マダニ・フィラリア予防は欠かせませんsign01


ノミ・マダニの予防時期は、虫の活動が活発な4月~11月くらいまでが一般的です。


しかし、暖房設備が整っている室内では冬でもノミ・マダニは活動しますbearing


なので、当院では1月~12月までの予防を推奨しています。


フィラリアの予防時期は、地域や気候で蚊の発生する時期が異なりますが一般的には5月下旬~11月下旬、


蚊が見られなくなった1ヶ月後までがフィラリアの予防時期になります。


もちろん、どちらも通年で予防して頂いても大丈夫ですsign03


予防をすることで、ノミ・マダニなどがワンちゃんやネコちゃんに寄生するのを防ぐことができ、


蚊が媒介して肺動脈や心臓に寄生し身体に害を与えるフィラリアを予防することが出来ますhappy01


このことから、寒くなり始めた季節でもワンちゃんやネコちゃんの予防は欠かさず継続していきましょうsign01


※当院はコロナウイルス感染予防の為、引き続き完全予約制になっております。

愛猫の血液型検査してみました(=^・^=)

埼玉県八潮市/草加エ/三郷エリアの動物病院、ペットクリニッククローバー、よつば犬のようちえんの石崎です。

早いものでもう7月に入りましたね!もう少しでオリンピックが開催されますがどんなオリンピックになるんでしょうね。。。

さて先日、我が家の猫『にゃん吉』の血液型を調べてみましたcat


猫には3種類の血液型があり、A型、B型、AB型の3つに分類されていますsign01

犬の血液型は特殊で全部で9種類に分けられていますsign03


検査の流れは至って簡単flair
採血をし、専用のキットで調べるので数分で分かるというものshine
PhotoCollage_20210703_002412883.jpg

血液型を知っていると、安全な輸血を受ける事ができますし輸血用の血液を供給する事もできます。

輸血をする場合には、その抗原と抗体が問題となり、これが合わないと急性溶血反応のような事態をもたらしますので、適合する血液を探すことが必要になります。
PhotoCollage_20210703_002152503.jpg


検査のお値段は6600円です。(事前予約が必要です)
皆さんのワンちゃん、猫ちゃんも、万が一の時に備えて血液型を調べてみてはいかがでしょうかwink

詳しくはスタッフ又はお電話でお問合せ下さいませ。

このページのトップへ